2017年12月27日

らーめん燈-AKARI-個人的まとめ

最近やたらと行っている
新潟市中央区「らーめん燈-AKARI-」
ランキング形式で個人的まとめを書きます。
(2018年6月10日更新:価格等、最新の情報に修正しました)
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15015842/
http://akari.live/
http://www.ramen-walker.com/shop_597.html

1. 濃厚中華そば(850円)
20171111_ramen01.jpg
つけ麺をラーメンカスタマイズしたラーメン、なのですが、
豚骨に魚粉などろどろスープがおいしい!/^o^\!

それを全粒粉入り太麺がしっかり支えてくれて、
さらにハイクォリティな具と合わせて、見事な仕上がり。
そして昼限定+100円半チャーハンを付ければ、最強メニューの完成です!!


2. つけ麺(780円)
20171209_ramen01.jpg
20171209_ramen02.jpg
20171209_ramen03.jpg
つけ麺をカスタマイズしたラーメンがおいしいなら
そりゃあ元のつけ麺もおいしい/^o^\
魚粉たっぷりどろどろ付けスープは絶妙な塩気です。

新潟市中央区で他のつけ麺も色々食べましたが、
その中で、個人的には一番好きなつけ麺です。
やや高め値段設定の燈ですが、
つけ麺は他店と同価格帯の780円、昼限定+100円半チャーハンも付けられます。


3. 濃厚味噌らーめん(920円)※2018/6/10現在、提供されていません
20171014_ramen01.jpg
味噌の濃さではなく、魚粉でのどろどろによる「濃厚」味噌。
900円台という価格の高さから3位に甘んじていますが、
味だけで言うなら燈らーめんで最強だと思ってます!/^o^\!

上に載っている生ネギは、そのままだと辛いので、
最初にスープの中に沈めてしまうのがオススメです。
麺を食べ進めた頃に程よく煮えて、良い感じになります/^o^\


4. らーめん(700円)
20171125_ramen.jpg
ほどほどに魚粉が入った、豚骨&魚粉のWスープ。
700円と他メニューに比べてお手頃価格ではありますが
ちゃんとメイン張れるラーメンです、
SLAM DUNKで言うところの山王6番松本みたいなポジション。

太麺と細麺が選べます、太麺が断然オススメ/^o^\
細麺も悪くはないのですが、やや伸びやすいのと、
単純に燈の太麺がおいしいので。


5. 野菜とんこつ(900円)
20170123_ramen01.jpg
野菜300gだったかな?
野菜の甘みが出てるのか、スープは甘めです。
-100円で麺抜きにできます、もうラーメンではない。

ちょっと味がぼやけてしまってる気がして、
個人的には他メニューの方が好きなのですが…
甘めの味が好きな人や、
野菜摂りたい系女子などにオススメです。


サイド1. 半チャーハン(お昼のみ麺類+100円)
20171014_ramen02.jpg
コスパが神of神なサイドメニュー。
「半」チャーハンですが、結構ボリュームがあります。
魚醤を使ってるのかな?良い香りがしておいしいです/^o^\
やや脂強めですが、お昼にガッツリ食べたい人はぜひぜひ!


サイド2. 餃子5個(300円)
20171111_ramen02.jpg
ニンニク不使用、ショウガの香り強めなヘルシー餃子です。
モチモチ系の皮にやさしめの味付けでおいしい/^o^\
塩気が足りない人は、タレの量で調節しましょう。


----
そして特筆すべきは、店内の清潔感。
木材を使ったモダンな内装で、カフェっぽい雰囲気なので、
女性も入りやすくてくつろげる
ラーメン屋さんなのです。

新潟市中央区女池地区、けっこう激戦区なのですが、
「まっくうしゃ」と、
「らーめん燈-AKARI-」の2店が、
店内環境の良いラーメン屋さんとしてオススメです。

上近江のまっくうしゃは人気店で、列ができてることが多いので、
まっくうしゃの列を避けたいなー、
ちょっと値段上がってもいいよー、というかたは
「燈-AKARI-」ぜひ選択肢に入れてみてください/^o^\

----
…と、ダイレクトマーケティングになっちゃいましたが、
2年前くらいにちょっと迷走していた「燈-AKARI-」が
最近だいぶ安定して良い感じになってくれたので、
皆様に紹介したかったのでした!!
タグ:ラーメン
posted by あぬ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・ごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181940850

この記事へのトラックバック