2018年03月11日

海老寿DELUX、きんしゃい亭、対アンサー

新潟市中央区、古町の金毘羅通り「海老寿DELUX」に行きました。
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15016693/

20180310_ramen02a.jpg
20180310_ramen02b.jpg
海老塩ラーメン(780円)

海老がっつりな塩スープに、多加水ストレート細麺。
揚げ海老、ホウレン草、メンマ、白髪ネギ、
煮玉子、岩海苔、煮豚系チャーシュー。

見た目は澄んでいますが、
海老を溶かしたような濃厚なスープ。
旨味と甘味がすごいです!
麺は多加水ストレートでスープは絡みにくいんですが、
濃厚スープなのでバランスは良い感じです。

上野の「じぱんぐ」が、エビせんを溶かしたような
甘みと小エビの香りが強いスープなのに対し、
この「海老寿DELUX」は、甘エビ(南蛮エビ?)を溶かしたような
旨味と甘味と上品な香りが良いスープでした。
どちらもおいしかったのですが、
海老寿DELUXの「エビをそのままスープにした」感はすごかったです。

参考:【海老吟醸 じぱんぐ】の記事
http://anu.sblo.jp/article/181924655.html

ただ、スープに対して麺がちょっと弱いためか、
後半ちょっとアクセント不足になる感じがしました。
僕の食べるスピードが遅かっただけかもですが…/^q^;\

具の方は、
岩海苔と海老の相性がとても良かったです。
チャーシューもちゃんとおいしかったですし、
海老の素揚げも、見た目インパクトだけじゃなくて、
卵入りですごくおいしかったです/^o^\

20180310_ramen02_g01.jpg
もちもち餃子3個(280円)

20180310_ramen02_g02.jpg
ライ麦餃子3個(380円)

餃子はおつまみメニュー的でちょっとお高めですが、
どちらもモチモチながら絶妙な厚みの皮と、
細かめで滑らか柔らかめな具とで、おいしかったです。

連れも言っていましたが、
ライ麦餃子に付けられた「笹川流れの塩」がおいしかったですね。
僕は海塩より岩塩が好きなんですが、この塩は確かに良かった。

「海老スープ」で、一つ仕上がったお店だと思いました/^o^\
海老好きなかたはぜひぜひ!

----
新潟市中央区「きんしゃい亭 県庁前 南出来島店」再訪です。
https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15009338/

20180310_ramen01.jpg
ラーメン(590円)(写真には無いですが+替え玉(120円))

とにかく提供が早い…!!
席についてスマホ取り出してTwitter見ようかな
と思ったくらいで提供されます、すごい。

醤油っぽい豚骨スープに、ストレート極細麺。
紅ショウガ、ネギ、いりゴマ、硬めの薄切りチャーシュー。

以前よりスープがやさしくなって、
チャーシューが前よりしょっぱくなった気がしましたが、
安定の豚骨ラーメンであることに変わりはありません、
おいしい/^o^\

替え玉をもらったときに、そういえばと、
このお店ではしたことがなかった
辛子高菜での味変を決行。
漬物っぽい発酵臭がしてて、思ってたのと少し違いましたが、
それはそれでおいしかったです。

中央区なれど中心部から少し外れた、
区画としてもちょっと寂れ気味の場所ですが、
その雰囲気も含めて、個人的には好きなお店です。
またこちらに来ることがあれば利用したいですね!

----
相変わらず、
ぼちぼちランクマしながらトレモしてます。

25段くらい?のアンサーにボコボコにされました。
「どうしたらいいの!?どうしたらいいの!?」
っていう気持ちを、
画面内で完璧に表現してた気がします/^q^;\

教えてもらったり調べたりした各キャラ対策は
Evernoteに、キャラごとにメモってるんですが、
他キャラが大体10行くらいは対策書いてるのに対し、
アンサーは2行しか無かったのでした、おああ…

その苦しみをTwitterで呟いたら、
某つんよいメイ使いのかたと
某つんよいアンサー使いのかたから
超丁寧なアドバイスをいただけました!
ありがとうございます、ありがとうございます…!

位置取り、ムササビ付き合わない、置きJ攻撃、
当身対策、名刺の位置確認。
すごい。

対戦機会自体が少ないので、
次に試せるのがいつになるかわかりませんが、
教えてもらったこと意識してアンサー戦がんばります!!

《現在の段位:24段》
posted by あぬ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン・ごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182643645

この記事へのトラックバック